株式会社 新東京ジオ・システムは人と自然のかかわりを大切にします。

 » 
 » 
 » 
地すべり対策工事

地すべり対策工事

地すべり対策工事の概要

地すべり対策工は抑制工と抑止工に大まかに分けられます。

抑制工は、地形・地下水状態等の自然条件を変化させ地すべり活動を停止または緩和させる工法とされています。抑止工は、構造物を設けることでその抑止力をもって、地すべりの一部または全部を停止させるものとされています。

対策工の選定にあたっては、地形、地質、地すべり活動状況、降水等との関連性、すべり面の形状やその配置、地下水等を踏まえた地すべり運動機構を把握し、保全対象の状況、工法の経済性を含め総合的に判断します。

工事と使用機材

集・排水ボーリング

概要

深層地下水排除工と言われ、地下水位が深く地表面からの地下水排除が非効率な場合に検討されます。集水ボーリングは、地表から5m以深のすべり面付近に分布する深層地下水や断層、破砕帯に沿った地下水を排除するためのもので、地表もしくは集水井内に設置されます。排水ボーリングは集水ボーリングで集水井内に集めた地下水を地表に重力排水するためのものです。

使用機材例 ロータリーパーカッション式ボーリングマシン
小口径推進

アンカー工事

概要

グラウンドアンカー工は、不動土塊に達する比較的小さい削孔を行い、高強度の鋼材等を引張材として、引張材を基礎地盤に固定し、地表面に設置した受圧板や法枠でその反力を受け止める工法です。

工法例 SEEE、SSL

法面安定工事

概要 植生または構造物で法面を覆うことで、法面の安定を確保し、自然環境の保全や景観への配慮を行うものです。法面保護工は、法面緑化工と構造物工に大別され、法面緑化工はさらに植生工と植生工の施工を補助するための構造物を設置する緑化基礎工に分けられます。

鋼管杭工事

概要

大口径ボーリングマシンによって、すべり面以深の所定の深度まで杭を設置します。掘削はすべり面を切って鉛直に施工し、鋼管等を挿入します。杭外周部はグラウトするとともに、杭の中空部についても中詰めを行います。

工法例 ダウンザホール工法

 

主な業務実績

H26年度 庄内総合支庁 鶴岡羽黒線地すべり対策工事(鶴岡市)
H25年度 新庄河川事務所 田麦俣地すべり対策工事(鶴岡市)
H25年度 庄内あさひ農地保全事業所 七五三掛地すべり対策工事(鶴岡市)
H24年度 庄内総合支庁 関川地すべり対策工事(鶴岡市)
H24年度 村山総合支庁 田代地すべり対策工事(大江町)

工事部門コンテンツ

お問い合わせ

トップに戻る

メールでのお問い合わせはこちら

資料一覧ダウンロード

会社名

(株)新東京ジオ・システム

本社

地図

住所

〒994-0011
山形県天童市北久野本三丁目7番19号

電話番号

023-653-7711(代)

FAX

023-653-4237(代)

工事・調査直通電話

023-653-8751

工事・調査直通FAX

023-653-7712

札幌支店

地図

住所

〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西五丁目
LEE北20条ビル2F

電話番号

011-758-0038(代)

FAX

011-758-0039

ISO認証取得